logo

ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    ハードとネットの連携、というのはWeb2.0における重要なテーマの一つだ。この分野での実績という意味ではアップルが一歩リードしている。(テレビとネットという分野ではApple TVが先行している)

    今後はカーナビを介した車とネット、そして交通システムそのものがネット化されるだろうとも思う。

    テレビ、という現在の利用方法に限定すれば、今回の提携はさほど視聴者に影響をもたらさないだろう。YouTube側から、特定のジャンルの動画を動的に選択し、連続して流すことができるようになれば別だが。

    リビングに置く大型テレビではなく、個室に置く小型の個人用テレビのYouTube化は正しい使われ方をするだろう。

    ただ、長い目でみるならば、すべてのコンテンツはネット上に置かれるというのは間違いのないトレンドであると思う。
    2008-01-15 09:23:34
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集