ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    ネットコンテンツの視聴スタイルはもっと急いで変わっていくべきと思っているのでこの動きは大歓迎。
    加藤の考え→ (リンク »)

    いまネット対応のテレビ機から裏のモジュラー経由でネットに繋いでいる人ってチョー少ないですよ、きっと。

    だって、いまんとこ物理的に見たいと思うコンテンツが殆ど無いでしょ。まだ我が家のビエラも繋いでいませ〜ん。

    グーグルと松下にどんなメリットがあるのかは定かでないですが、生活者が独りでなく家族揃って楽しい動画見られたら一家団欒の新しいネタになりそうです。
    2008-01-15 01:44:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加