logo

アプリケーションの未来はどこを向いている?

2007年9月18日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにアドビがPhotoshopオンライン版のデモを公開しました。プロ向け製品を補完する簡易版とのことですが、Photoshopファミリーがオンラインに進出するのは間違いないようです。一方で今年は、同じくアドビが提供するデスクトップRIAプラットフォーム「AIR」や、GoogleやFirefoxによるオフラインサポートなど、デスクトップ周辺の動きが目立ちました。オンラインかオフラインか、それとも両方をうまく組み合わせた新しい仕組みが現れるか。アプリケーションの未来はどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 松尾 康博
    松尾 康博さん (IT企業で研究開発と技術教育に従事)

    もともとIMAPの考え方(データキャッシュ、同期の仕掛けなど)が好きだったので、ようやくそのようなプラットフォームが一般ユーザ向けに出てくる事を嬉しく思いますし、Java Appletが出始めた頃に言われていた未来が、ようやく実現出来るのかもしれません。

    一般的なユーザは「ソフトウェアをインストールする」ことを意識せず「そこにあるサービスを使う」ことだけを意識するようになればよいですね。データのバックアップが、とかネットワークが、とか気にせずに快適に使える環境を提供出来るようになると思います。

    また、近年のインターネット端末種類の増加(iPhone,iPod touch,ゲーム端末しかり)に、どこまで対応が進むのかも注目です。


    2007-09-19 17:06:42
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集