アプリケーションの未来はどこを向いている?

2007年9月18日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにアドビがPhotoshopオンライン版のデモを公開しました。プロ向け製品を補完する簡易版とのことですが、Photoshopファミリーがオンラインに進出するのは間違いないようです。一方で今年は、同じくアドビが提供するデスクトップRIAプラットフォーム「AIR」や、GoogleやFirefoxによるオフラインサポートなど、デスクトップ周辺の動きが目立ちました。オンラインかオフラインか、それとも両方をうまく組み合わせた新しい仕組みが現れるか。アプリケーションの未来はどこにあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 古川健介
    古川健介さん (株式会社ロケットスタート 代表取締役)
    回線が早くなってくれば、HDDからよりもネットのほうがデータのやり取りが早いんじゃないかなぁ、と思っていたりします。

    そうすると、デスクトップにソフトを入れる意味が少なくなるんじゃないかと。複数台のパソコン(またはiPhoneなどのネット接続が可能なガジェット)をいじるのが当たり前になってくると、パソコン依存のソフトウェアって、不便以外の何ものでもありません。

    すでにメールはWeb上でやるのが基本になっています。Google Gearsのようにオフラインで操作できるのもどんどん増えていくと、ソフトは最低限になってくると予測しています。

    一方でデスクトップアプリもネットに常時接続されるようになり、データの保管をネットでするようになってくる気がします。

    最終的にはWebのアプリかデスクトップアプリか誰も意識しない形になっていくのではないかと。
    2007-09-18 11:15:53
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加