logo

YouTube日本展開に著作権の壁、どうするGoogle?

2007年8月6日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeが日本でもパートナー契約を推し進めていますが、前途は多難のようです。ミクシィや吉本興業など6社と協力体制を築く一方で、著作権関係権利者団体との協議は物別れに終わっています。YouTubeにアップロードされている違法コンテンツに対して「フィンガープリント」による技術的解決を図るGoogleですが、権利者団体からは日本発のコンテンツを「まずは一度、リセットせよ」との強攻策が提示されました。さて、Googleはどのように対応するのでしょうか。そして両者の主張に落としどころはあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 松尾 康博
    松尾 康博さん (IT企業で研究開発と技術教育に従事)
    協議を全て聞いていないので、どういう文脈ででてきた要求かはわかりかねますが、それでもリセットとは、なんとも間の抜けた非現実的な要求です。Googleが真面目につきあうとは到底思えません。

    インターネットというグローバルな場で、日本の都合・法律を持ち込んで議論しているのも、そろそろ限界なのでは無いでしょうか。

    規制をかけていくのではなく、インターネットで動画コンテンツが流通するすることを前提としたビジネスモデル(権利モデル?)が生まれる方向に事が進むことを望みます。
    2007-08-06 20:21:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集