ホンダと三菱商事、EV用バッテリー転用やV2Gなどの事業化を検討--2024年発売の軽EVから

 本田技研工業(ホンダ)と三菱商事は、電気自動車(EV)用バッテリーの転用やV2Gなどの事業化を検討する目的で、了解覚書(MOU)に署名した。

 両社は、今後EVの普及が進む状況を見据え、EVおよび車載バッテリーの利用価値向上につながるビジネスモデルの構築を目指す。そして、これを国内で事業化するための検討を進める。

 想定している事業は、「バッテリーのライフタイムマネジメント事業」と「スマート充電・V2Gを通じたエネルギーマネジメント事業」の2種類。

 バッテリーのライフタイムマネジメント事業では、車載用から定置用への転用を支援。そのために、バッテリーモニタリング機能を高度化し、ライフタイムマネジメントを行えるようにする。対象となるバッテリーは、ホンダが2024年より順次発売する予定の軽EVに搭載されるもの。

バッテリーのライフタイムマネジメント事業(出典:ホンダ、三菱商事)
バッテリーのライフタイムマネジメント事業(出典:ホンダ、三菱商事)

 スマート充電・V2Gを通じたエネルギーマネジメント事業では、電力の需給に合わせてEV充電タイミングを自動制御するスマート充電と、EVから電力網へ売電するV2Gを組み合わせ、EV利用者の電力コスト最適化を図る。

スマート充電・V2Gを通じたエネルギーマネジメント事業(出典:ホンダ、三菱商事)
スマート充電・V2Gを通じたエネルギーマネジメント事業(出典:ホンダ、三菱商事)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]