「Twitter」に対抗するMetaの分散型SNSとは--これまでの情報まとめ

Jada Jones (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年05月16日 07時45分

 Elon Musk氏が2022年にTwitterの最高経営責任者(CEO)に就任して以来、同社は大規模な人員削減、認証バッジ有料化をめぐる物議、複数の技術的障害広告収入の激減など、波乱に満ちた経緯をたどっている。ユーザーはデータ流出や、Musk氏と従業員のオンラインでの見苦しい口論を目の当たりにした。

Metaのロゴ
提供:Josh Edelson/Getty Images

 その結果、多数のユーザーがTwitterを離れ、かつてはデジタル広場として支持された同サービスの代わりを探しているユーザーもいる。そこで競合他社は、独自のデジタル広場を構築して、Twitterの混乱に乗じて利益を得ようとしている。

 オンラインニュースサイトMoneycontrolが3月に報じたように、人気SNSの「Facebook」「Instagram」「WhatsApp」を運営するMetaはTwitterに代わるアプリを構築中だ。このプロジェクトは、当初「P92」とされていたが、現在では「Barcelona」と呼ばれていることが伝えられている。

 Barcelonaがアプリの公式名なのか、それともプロジェクトの開発コード名が新しくなっただけなのかは不明だ。

 技術系ニュースレターのPlatformerが3月上旬に受け取ったMetaからの電子メールによると、Metaは、「テキストで最新情報を共有するためのスタンドアロンの分散型ソーシャルネットワークを検討している」という。同社は、この声明を複数の報道機関に提供したが、プロジェクトの詳細については秘匿を続けようとしている。

 Metaは、クリエイターや著名人が情報を共有できる場所を設ける機会があるとも述べた。確かにその機会があるからこそ、17年前にTwitterが生まれた。

 しかし、Twitterに似た新しいアプリに商機があるのは、アイデアが斬新で革新的なものだからではなく、Twitterの不適切な運営や人気の低下、売り上げの減少によって競合製品が生まれる余地が生じたからだ。

 Barcelonaに関してこれまでに伝えられた情報は、以下のとおりだ。

 アプリ研究者のAlessandro Paluzzi氏によると、BarcelonaはInstagramやFacebookとは別のアプリとなるが、その2つのアプリに使っている認証情報を利用してBarcelonaにログインできるという。

 Barcelonaでは、ユーザー名としてInstagramのハンドル名が使われ、文字の投稿は最大500文字までとなる見込みだ。このアプリの大きなセールスポイントは、分散型のソーシャルメディアという点だが、Metaがそれをどのように達成し実現するのかは、定かではない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]