Meta、手描きイラストをAIでアニメーションにする技術をオープンソースで公開

 Meta Platformsの人工知能(AI)研究部門Meta AIのFundamental AI Research(FAIR)チームは、手描きのイラストからアニメーションを生成する技術「Animated Drawings」をオープンソースで公開した。クリエイターや開発者が独自の体験や製品を簡単に生み出せるよう支援する狙いだ。

提供:Meta
提供:Meta

 同チームの研究者らは2021年、コンピュータービジョンの進歩を活用し、人間に近いイラストをアニメーション化することにしたという。そのために、オブジェクト検出モデル、ポーズ推定モデル、画像処理ベースのセグメンテーション手法を使って、手描きの絵のデジタル版を素早く作成し、従来のコンピューターグラフィックス技術でこれをアニメーション化することを考えた。

 しかし、コンピュータービジョンモデルの学習に必要な数のキャラクターの絵を入手するのは難しく、さらにアノテーションも必要だった。そこで研究チームは、ウェブベースのツール「Animated Drawings Demo」を一般に公開した。このツールでは、手描きの絵をアップロードし、いくつかのモデル予測を表示して修正すれば、1分もかからずに絵の中のキャラクターがアニメーション化されるという。

 Metaはその結果、最初の数カ月で160万枚を超える画像がアップロードされ、使用に同意が得られたとしている。

 同社は発表の中で、「モデルやコードをオープンソースとして公開することで、開発者はこれを出発点としてプロジェクトをさらに拡張できるため、オープンソースコミュニティーの中で技術革新と協調の文化が育まれる」と説明している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]