オートロック付きマンションでも置き配OK--アマゾンと三井不動産レジデンシャルリースが協業

 Amazonは3月2日、三井不動産レジデンシャルリースが運営管理する賃貸マンションに、オートロック付きマンションでの受け取りを便利にする「Key for Business(KfB)」を導入していくと発表した。玄関前への置き配が可能になる。

「Key for Business(KfB)」は、配達する商品を持っているときだけマンションのオートロックを解除
「Key for Business(KfB)」は、配達する商品を持っているときだけマンションのオートロックを解除
指定の場所に商品を届けられる
指定の場所に商品を届けられる

 KfBは、ドライバーが配達する商品を持っているときに限り、配送アプリからオートロックを解除して入館し、指定の場所に商品を届けられるというもの。マンションのドアや集合玄関機の制御盤に専用機器を設置することで使用でき、配送を完了するとロック解除権限が無効になり、マンションに立ち入りできなくなる。

「Key for Business(KfB)」の流れ
「Key for Business(KfB)」の流れ

 三井不動産レジデンシャルリース 経営企画部長の中村誠氏は「ECの拡大により、宅配物を受け取る機会が増えているが、オートロックマンションについては、配達員の方が建物内に入館できず、高い頻度で再配達になってしまっていた。KfBの導入は、オートロックマンションでも置き配ができ、入居者の利便性向上につながる。同時に建物内のセキュリティも担保でき、利便性向上とセキュリティを同時に実現できる解決策になった」と導入の背景を話す。

 KfBは、2021年3月に日本での導入を開始。2022年末時点で5000棟以上のマンションに設置しており、導入対象地域は19都道府県にのぼる。利用するには専用機器の設置が必要になるが、今回の協業では、アマゾンが設置するとのこと。稼働後の電気代などの費用はマンション所有者が負担する。

 Amazonロジスティクス 事業本部本部長のAwanish Narain Singh(アヴァニシュ・ ナライン・シング)氏は「アマゾンでは2019年に置き配指定サービスの実証実験を実施。以来、好評をいただいており、現在75%以上のお客様が置き配指定サービスをご利用いただいている。ただ、オートロック付きマンションでは不在時にエントランスを開けられず、再配達になっていた。これはお客様の買い物体験を損ない、配送員の方の負荷も高める結果となっていた。KfBはこの課題を解決できるサービス。これがマンションへの配達を大きく変えるきっかけになる」とKfBが果たす役割を説明。KfBの導入により再配達は80%まで削減できたという。

 KfBは、三井不動産レジデンシャルリースが運営管理する賃貸マンション10棟400戸に導入しており、今後、オーナーの承諾を得た物件に順次拡大していく計画。「今回、しっかりとしたセキュリティを担保しながら、いろいろな物件で導入できるアマゾンと組んだ。再配達については、ほかのEC会社や配送会社も同様の課題感をもっているので、適宜、各社と話をしながら積極的に展開していきたい」(中村氏)とした。

Amazonロジスティクス 事業本部本部長のAwanish Narain Singh氏(右)と三井不動産レジデンシャルリース 経営企画部長の中村誠氏
Amazonロジスティクス 事業本部本部長のAwanish Narain Singh氏(右)と三井不動産レジデンシャルリース 経営企画部長の中村誠氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]