アマゾン、日本でも荷物受け取りシステム「Key for Business」を導入--配送業者がオートロック解除

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンジャパンは2月25日、マンションでの荷物の受け取りの煩わしさを解消するためのシステム「Key for Business」の導入を開始すると発表した。同サービス開始時、200棟のマンションへの導入を予定している。

「Key for Business」のイメージ
「Key for Business」のイメージ

 同社によると、米国などで先行導入されているシステムで、委託を受けた配送業者や配送ドライバーが専用アプリを利用してマンションのオートロックを解除できる仕組みを採用することが特徴。

 これにより、受取人が不在でも玄関などへの置き配が可能になる。なお、配送ドライバーがマンションに入館し、玄関への配送が完了するとロック解除の期限が切れ、それ以降は同じ日でもマンションに入館できなくなる。

 国内では、118万戸の賃貸建物を管理する大東建託パートナーズおよび、98万件以上にセキュリティソリューションを提供する綜合警備保障(ALSOK)をはじめとする企業と協力して導入を進め、順次、パートナー企業を拡大しながら全国展開していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]