マイクロソフト、NVIDIAに「Xbox」のPCゲームを提供する10年契約を締結

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月22日 09時53分

 「Xbox」のPCゲームが、NVIDIAのクラウドゲームサービス「GeForce NOW」に提供される。

GeForce NOWの画面
提供:Lori Grunin/CNET

 Microsoftのプレジデント、Brad Smith氏は現地時間2月21日の記者会見で、MicrosoftのPCゲームをNVIDIAのプラットフォームに提供することを明らかにした。Smith氏は、欧州連合(EU)当局の関係者らと会談して、同社による687億ドル(約9兆3000億円)でのActivision Blizzardの買収を承認するよう説得するため、ブリュッセルを訪れていた。

 「XboxのPCゲームに加え、Activision Blizzard買収後は『Call of Duty』を含む同社のPCタイトルをGeForce NOWのプレーヤーがストリーミングできるようにする10年契約をNVIDIAとの間で締結した」と、Microsoftのゲーム部門最高経営責任者(CEO)でXbox事業を率いるPhill Spencer氏が、21日にツイートした。「われわれは、ユーザーがどのようなプレイ方法を選択するかにかかわらず、より多くの人々により多くのゲームを提供することに尽力する」(Spencer氏)

 GeForce NOWは、1000種類を超えるPCゲームをさまざまなデバイスだけでなく車の中でも遊べる、NVIDIAのクラウドゲームプラットフォーム。GeForce NOWに提供されるのは、「Halo」「Doom」「Fallout」シリーズのタイトルなど、PC向けに設計されているXboxゲームになる予定だ。

 Microsoftはまだ、Activision買収をめぐって強い反対に直面している。EUや米国の規制当局は、主要なゲーム会社が買収されれば、ビデオゲーム業界の競争が阻害されると主張している。そうした懸念を緩和するために、同社は、「Call of Duty」を任天堂に提供する10年契約を締結するなど、他のゲーム会社との提携を進めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]