E・マスク氏のCEO続投を問うTwitterアンケート、「辞任すべき」が57.5%

Steven Musil Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年12月20日 09時27分

 Elon Musk氏は米国時間12月18日、自分はTwitterの最高経営責任者(CEO)を辞任すべきかどうかを問う、Twitterアンケートを開始した。その結果、投票に参加した1750万アカウントのうち57%以上が「Yes(はい)」を選択した。

Musk氏のTwitterプロフィール写真
提供:Sarah Tew/CNET

 Musk氏は18日、「私はTwitterのトップを辞任すべきか?」というアンケートを開始し、「投票結果に従うつもりだ」と付け加えていた。12時間にわたる投票が締め切られた直後の時点で、同氏は何もツイートしていない。

 Musk氏が10月27日に440億ドル(約6兆円)でTwitterを買収してからの数カ月間、同社は混乱を極めている。同氏は、法律に違反していないすべての発言をTwitter上で許容するつもりだと述べて、「言論の自由絶対主義者」を自称していた。

 一連の目まぐるしいポリシー変更について、同氏は18日、謝罪する姿勢を見せ、今後は大幅な変更について投票を実施すると約束していた。その上で、自身の進退を問うアンケートを開始したが、19日には過半数が辞任を支持した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]