停電時にも強い規格型の平屋注文住宅「IKI」--太陽光、HEV車から電源供給

加納恵 (編集部)2022年12月09日 08時30分

 ケイアイスター不動産のグループ会社であるCasa roboticsは、規格型の平屋注文住宅「IKI」に、停電時でも最低限の電気が使える住宅システム「スマートエルラインライト」を組み合わせた、停電に強い家の提供を開始した。太陽光発電やハイブリッドカーにより、電気を供給し続ける環境を構築する。

規格型の平屋注文住宅「IKI」
規格型の平屋注文住宅「IKI」

 スマートエルラインライトは、日東エルマテリアルが提供する住宅システム。太陽光で発電した電力はもちろん、EV車だけでなくハイブリッド車からも電力を供給できることが特徴だ。

 IKIでは、設備やメンテナンスの費用なしで太陽光発電システムを搭載できる「IKIのいきいきでんき」プランを採用しているほか、2月にはEV用充電器の取り扱いを開始。加えて、EVから電気を取り出して自宅の電力として使用する「V2H(Vehicle to Home)」やポータブルミニ蓄電池を手掛けるなど、停電に強い家づくりを推進している。

 今回のスマートエルラインライトの採用により、IKIは太陽光パネルの設置から、ハイブリッド車からの電力供給までをカバー。Casa roboticsによると、停電に強い家づくりをワンストップで提供できる業界唯一の規格型平屋になるとしている。

 スマートエルラインライトを採用したIKIでは、直流の電気を交流に変換するパワーコンディショナー、分電盤とともにスマートエルラインライトを設置し、系統電力、ハイブリッド車などの屋外電源、太陽光発電と3つの方法で給電が可能。停電時では自動的に切り替わり、冷蔵庫とリビングの照明のみ点灯など、1500W以内であれば電気が使える状態を保つ。

スマートエルラインライトの給電方法
スマートエルラインライトの給電方法
HEV車と自宅をつなぎ電源を供給できる
HEV車と自宅をつなぎ電源を供給できる
パワーコンディショナー
パワーコンディショナー
分電盤(左)とスマートエルラインライト(右)
分電盤(左)とスマートエルラインライト(右)

 スマートエルラインライトは、税込価格38万5000円でオプションとして提供しているとのこと。既設のIKIにも後付設置ができ、その場合は設置比込みで税込44万円になる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]