Yo-Kai Express×一風堂、上野駅で新潟ラーメン「燕三条 Se-Abura」を提供

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2022年10月14日 16時54分

 Yo-Kai Expressは、鉄道開業150年を記念して東日本旅客鉄道(JR東日本)が実施する文化創造イベント「超駅博 上野」のコンテンツのひとつとして、新潟ラーメン「燕三条 Se-Abura」を開発し、10月14日から販売を開始した。場所は、上野駅 新幹線改札内コンコース地下3階の待合室前。

場所は、上野駅 新幹線改札内コンコース地下3階の待合室前
場所は、上野駅 新幹線改札内コンコース地下3階の待合室前

 同社は、シリコンバレーのフードテックベンチャー。温かい食事を24時間コンタクトレスで提供できる自販機型の自動調理ソリューション事業を展開している。日本では、2022年春から本格的にスタートし、羽田空港第2ターミナルや首都高芝浦パーキングエリア、NTTデータセンターなどで、出来立てのラーメンを最速90秒で提供可能な自動調理自販機を設置している。

この隣にも自動調理販売機が設置されている。1カ所に2台設置するのはYo-Kaiとして日本初という
この隣にも自動調理販売機が設置されている。1カ所に2台設置するのはYo-Kaiとして日本初という

 現在は、オリジナルのラーメン4種に加え、人気ラーメンブランド「一風堂」の2種のラーメンを販売。今回は超駅博 上野にあわせて、上野駅に誕生する「拉麺STAND」に自動調理販売機2台を常設。さらに、2022年のイベント対象地域である新潟県のラーメンを発売する。

 新潟ラーメン「燕三条 Se-Abura」(税込980円)は、力の源カンパニーが運営するラーメン店「一風堂」が開発に携わった商品。ラーメン激戦区といわれる新潟の5大ラーメンから「燕三条背脂ラーメン」をチョイスし、再現している。

新潟ラーメン「燕三条 Se-Abura」(税込980円)。一風堂ではめずらしい太麺で、背脂の入ったスープは食べ応えがある
新潟ラーメン「燕三条 Se-Abura」(税込980円)。一風堂ではめずらしい太麺で、背脂の入ったスープは食べ応えがある

 煮干し風味のあっさりとした出汁をベースに、醤油のコクと背脂の甘みが引き立つスープに仕上げ、もっちりした太麺を採用した。また、チャーシュー、メンマ、そして燕三条背脂ラーメンの特徴でもある玉ねぎをトッピングしている。

地下3階のコンコースは、コンビニも少なく営業時間も短い。早朝や遅い時間でもアツアツのラーメンが食べられるのはうれしいことだ
地下3階のコンコースは、コンビニも少なく営業時間も短い。早朝や遅い時間でもアツアツのラーメンが食べられるのはうれしいことだ

 本場の味に近づけるために試作を繰り返し、スープにチャーシューの煮汁を加えて複雑な醤油の味わいを表現したほか、背脂も旨みや甘さが引き立つように工夫して仕込んでいるという。

 同社によると、上野駅「拉麺STAND」を皮切りに、順次他エリアでも展開する予定。

すぐ近くで手を洗えるのも安心だ
すぐ近くで手を洗えるのも安心だ

 なお、上野駅に常設の自販機では、新潟ラーメン以外に一風堂の「一風堂 博多とんこつ」「IPPUDO プラントベース(豚骨風)」(各税込980円)や、Yo-Kai オリジナルフレーバー「東京 Shoyu」「札幌 Spicy Miso」「九州 Tonkotsu」(各税込790円)のラーメンも販売する。

ご当地ラーメンメニュー
ご当地ラーメンメニュー

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]