マスクCEO、テスラ従業員に週40時間の出社を求める--「さもなくば退職」

Attila Tomaschek (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月03日 09時19分

 Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米国時間5月31日、幹部に宛てた電子メールで、従業員に今後リモートワークを認めないとの方針を示したという。同社の株主Sam Nissim氏がTwitterに投稿した電子メールのスクリーンショットを基に、Fortuneが報じた

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 「リモートワークを希望する人は週に最低(繰り返すが『最低』だ)40時間オフィスで勤務しなければならない。さもなくばTeslaを退職してもらう」と、リークされたその電子メールでMusk氏は伝えている。「例外的にこれが不可能な人がいる場合は、私が直接その例外を審査して承認する」(同氏)

 新型コロナウイルスの感染が最も拡大していた時期に何カ月間にもわたって在宅勤務が続いた後、オフィス復帰の方針を検討する中で、他の多くのハイテク企業がリモートワークを容認する方向に傾き、少なくとも勤務時間の一部を在宅勤務にすることを従業員に認めている。Musk氏が約440億ドル(約5兆7000億円)で買収することで合意しているTwitterは、従業員は永久に在宅勤務可能という方針を明らかにしている。

 Tesla従業員に対するリモートワーク禁止の方針が、いつから適用されるかは不明だ。

 米CNETはTeslaにコメントを求めたが、直ちに回答を得ることはできなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]