テスラ、「Cybertruck」や"未来的"なロボタクシーの計画言及--テキサス新工場イベント

Antuan Goodwin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年04月11日 09時26分

 Teslaが先週開催した、テキサス州オースティンの「Giga Texas」工場落成イベント「Cyber Rodeo」で、最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏は、2023年に生産規模を大幅に拡大することを約束したほか、最新の「Cybertruck」のプロトタイプを披露した。ロボタクシーについてもほのめかした。

Tesla
提供:Tesla

 Giga Texasは最新かつ最大規模のTeslaのギガファクトリーだ。新本社の役割も果たす。この施設で、Teslaのバッテリー製造や自動車組み立てなどすべてを一貫して行うという。

 Giga Texasでは主に「Tesla Model Y」が生産される。2023年には、EVピックアップトラックTesla Cybertruckの生産も開始される予定だ。プレゼンテーションでは、テキサスの工場で組み立てられた最初のModel Yクロスオーバー車が壇上で披露された後、ドアハンドルのない新しいCybertruckのプロトタイプが登場した。このトラックは人が近づいたことを検知し、「ドアを開けなければならないことを察知」するとMusk氏は説明した。

 Musk氏は、Teslaは「人類史上どの企業も達成したことがない」ような「真に巨大な規模」に成長する態勢にあると述べた。

Elon Musk
提供:Tesla

 Musk氏は、「非常に未来的」なデザインになるロボタクシーにも言及した。今後の「Semi」と「Roadster」も生産開始予定だという。

 また、「Optimus」と現在名付けられているTeslaのロボットについて、Musk氏は「人がやりたくないことは何でもやる」とし、「できれば2023年」に生産を開始したいと述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]