「Windows 11」で期待されながら実現しなかった機能

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 高橋朋子 (ガリレオ)2022年05月31日 15時12分

 Microsoftの最新OS「Windows 11」は、「Windows 10」と比べて価値の高いアップグレードをアピールしている。インターフェースの再設計でより「Mac」に近い美しさが備わったほか、簡単に作成できる仮想デスクトップ、ウィジェット、「Android」アプリのダウンロード、「Microsoft Teams」体験の統合など、便利な新機能がいくつか加わっている。

Windows 11
提供:Microsoft

 Windows 11は確かに多くの機能を提供してくれているが、パフォーマンスと生産性に関して物足りない機能がいくつかある。期待されていたが、実現しなかった機能もある。

 Windows 11で期待されながら目にすることのできなかった機能をいくつか紹介しよう。

タスクバーを縦に配置するオプション

 Windows 10では、タスクバーを画面の左端または右端に移動して縦に配置できるが、ユーザーインターフェースとしてはやや乱雑になることが多い。Windows 11でもタスクバーを縦に配置するオプションを残しつつ、もう少し整ったものになることが期待されていた。だが、Microsoftはこの機能を廃止したようだ。タスクバーは常に画面下端に配置するしかない。

「Windows Update」の高速化

 Windows 10は、Windowsをサービスとして提供し、継続的にアップデートするというMicrosoftの変化を象徴していた。PCを安全に保つという点では素晴らしい取り組みだ。ただし、このアップデートは時間がかかることがある。Windows 11では、アップデートが2番目のパーティションで行われ、バックグラウンドで完結するというアプローチの採用が期待されていた。しかし、Windows 11のアップデートプロセスは、Windows 10の場合と変わらないようだ。

シャットダウン、再起動、およびスリープからの復帰の高速化

 Windows 10を実行するPCでは、シャットダウン、再起動、およびスリープからの復帰に時間がかかることがある。「タスクマネージャー」のようなアプリを閉じる必要があるからだ。Windows 11でこれらの動作が速くなることが期待されたが、Microsoftからそのような変更の発表はなかった。

Windows PC
起動が速くなるとよいのだが
提供:Sarah Tew/CNET

トラックパッドでの3本指のドラッグ&ドロップ

 「macOS」には、トラックパッドで3本の指を使ってアイテムをドラッグ&ドロップできるオプションがある。一方、Windowsマシンにこのような機能はない。

スクロール方向を逆にできるオプションの簡略化

 macOSでは、「システム環境設定」から、必要に応じてマウスのスクロール方向を簡単に逆転できる。Windowsではレジストリーにアクセスする必要があり、手順がより複雑だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]