YouTube、オリジナル番組制作を大幅縮小

Brian Bennett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月20日 09時37分

 YouTubeがオリジナル番組を提供する「YouTube Originals」を大幅に縮小する。Bloombergの米国時間1月18日の記事によると、同社はオリジナル番組制作への投資の大部分を打ち切る予定だという。

YouTubeのロゴ
提供:CNET

 YouTubeの最高ビジネス責任者を務めるRobert Kyncl氏はTwitterに投稿した声明の中で、YouTube Originalsを縮小し、今後は「Black Voices Fund」と「YouTube Kids Funds」に含まれるプログラムにのみ投資すると述べた。

 「急速な成長とともに新しい機会が生まれ、他の取り組みに投資することで、さらに多くのクリエイターにさらに大きな影響を与えることができる」と同氏は綴っている。

 YouTubeのオリジナルコンテンツ担当グローバル責任者を務めるSusan Daniels氏は、3月1日に同社を離れる。Daniels氏は、YouTubeがオリジナル番組や映画の制作を推進していた2015年に入社。YouTubeはここ数年、オリジナル番組制作を縮小しつつあり、2019年には、それまでPremium会員に提供していた各種番組を、広告付きで無料視聴できるようにした。

 今回の動きの背景として、ここ数年の間に提供が始まった「Apple TV+」「Disney+」「HBO Max」「Peacock」や、以前から競合する「Netflix」「Amazonプライム・ビデオ」など、 数多くのサービスがいわゆるストリーミング戦争を繰り広げていることがある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]