米国の電気業界団体、主要道路沿いへのEV急速充電スタンド整備に向け集結

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の電気事業者団体、Edison Electric Institute(EEI)は、米国全域で電気自動車(EV)用の急速充電スタンドを整備していくため、推進組織「National Electric Highway Coalition」を設立した。

組織に参加した電気事業者のサービス地域(出典:EEI)
組織に参加した電気事業者のサービス地域(出典:EEI)

 同組織の目標は、2023年中に米国内の主要道路沿いへEV急速充電スタンドを設置すること。増加するEVの充電需要に応えるとともに、走行距離を心配せず走行できるようにするという。

 EEIによると、EVの販売台数は増加し続けており、2030年にはEVの走行台数が2200万台になる。これだけのEVに対応するには、10万基以上の急速充電ポートが必要と見込む。

 National Electric Highway Coalitionには、現時点で51の電気事業者などが参加している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]