グーグル兄弟会社Wing、ショッピングセンターの屋上を配達ドローンの発着場として活用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの兄弟会社でドローンによる配送サービスを手がけるWing Aviationは、オーストラリアのクイーンズランド州にあるショッピングセンターの屋上をドローンの発着場として使い、商品の配達サービスを運営している。

ショッピングセンターの屋上を配達ドローンの発着場として活用(出典:Wing)
ショッピングセンターの屋上を配達ドローンの発着場として活用(出典:Wing)

 この取り組みは、オーストラリアの小売店グループ、Vicinity Centresと共同で実施中。クイーンズランド州ローガンにあるVicinity Centresのショッピングセンター「Grand Plaza」から、周囲の住民へ商品を配達する。

 屋上をドローン発着場にすれば、発着場のための土地を新たに確保する必要がなく、空きスペースを有効活用できるという。さらに、ショッピングセンター内の各店舗の商品を運べるので、需要も高いとしている。

 WingとVicinity Centresは、8月半ばに試験サービスを開始し、これまで2500回以上の配達をした。これまでは食品の配達をしてきたが、市販薬や化粧品などの取り扱いも始める。

 配達に使用するドローンは、固定翼機とマルチコプターを組み合わせた形状の飛行機。ホバリングが可能で、荷物を載せたり降ろしたりする際には、荷物を下げるためのワイヤーを上空から伸ばす。最大1.5kgの荷物を運べる。

配達に使うドローン(出典:Wing)
配達に使うドローン(出典:Wing)

屋上からドローンで商品を配達(出典:Wing/YouTube)


 Wingは、すでにオーストラリアのキャンベラフィンランド米国でドローンによる配達サービスを運営中。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響か、医薬品や食料品の配達が急増した。累計配達回数は、10万件に達している。

各地で配達サービスを運営中(出典:Wing)
各地で配達サービスを運営中(出典:Wing)

 なお、The Registerの報道によると、キャンベラで商品配達をしていたWingのドローンがワタリガラスに攻撃されたそうだ。Wingの広報担当者はThe Registerに対し、「オーストラリアで膨大な回数ドローン配達を実施したが、鳥と衝突はごくまれにしか発生していない」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]