logo
新型コロナウイルス関連

グーグル兄弟会社Wing、ドローンによる医薬品や食料品宅配が急増--新型コロナで

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月09日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社であるAlphabetは米国時間4月8日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、傘下のWingのドローンを利用し、食料品や医薬品を配達していると述べた。Wingは、このサービスを利用する顧客が「劇的に」増加しているとし、米国全土でロックダウンが実施される中、この2週間で1000件を超える配達を完了したことを明らかにした。

Wing
提供:Wing

 Googleは2014年に「Project Wing」の取り組みを初めて明らかにした。ドローン配達サービスは、2019年に米連邦航空局(FAA)の認可を取得している。

 Wingによると、米国の顧客は、医薬品、歯磨き粉、トイレットペーパーなどのヘルス、ウェルネス商品や日用品、パスタ、缶詰、フルーツカップ、ベビーフードなどの食料品を、Walgreensから注文しているという。

 Wingは、「当社は、顧客の家庭に直接商品を配達できるようにすることで、ローカルビジネスを支援しようとしている」と述べた。バージニア州クリスチャンズバーグにある地元のベーカリーでは、週末に通常店舗で販売するよりも、Wingによって50%多くパン菓子を販売していることに触れた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]