「iOS 15.0.1」リリース--Apple WatchでiPhone 13のロックを解除できない問題など修正

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月04日 06時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月、「iPhone 13」「iOS 15」、「Apple Watch」向けの「watchOS 8」などをリリースした。しかし、最新iPhoneのロック解除に関してやや問題があった。Appleは米国時間10月1日、この問題に対処するアップデートを公開した。

Apple Watch
提供:Angela Lang/CNET

 「iOS 15.0.1」がリリースされた。Apple WatchでiPhone 13モデルのロックを解除できない場合がある問題が修正されている。また、「設定」アプリに誤って「空き容量が残りわずかです」という警告が表示されることがある問題にも対応した。

 Apple WatchでiPhoneのロックを解除できる新機能は、2021年に「iOS 14.5」で提供された。ユーザーは、マスクを着用した状態でもiPhoneのロックを解除することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]