logo

マスクしたままでも「Face ID」でiPhoneがロック解除可能に--Apple Watchユーザー限定

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月02日 07時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間2月1日、「iOS 14.5」の開発者向けベータ版をリリースした。次のアップデートとなる同OSでは、「Apple Watch」と連動させることで、マスク着用時の「iPhone」のロック解除が少し容易になる。具体的には、Apple Watchユーザーなら、マスクで鼻と口が覆われた状態でも「Face ID」を使用してiPhoneのロックを解除できる機能が追加される。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、世界各地の保健当局がマスク着用を推奨する中、マスク着用時の顔認証はますます重要な課題となっている。

マスクをした歩行者
提供:Dinendra Haria/Getty Images

 Apple Watchユーザーは、iOS 14.5でこの新しいiPhoneロック解除機能を選択できるようになる。ユーザーはマスクを着けていても、Apple Watchが起動していてロック解除されていれば、iPhoneのロック解除にFace IDを使用可能で、Apple WatchはiPhoneのロックが解除されたことを振動でユーザーに通知する。

 この機能は、iOSの次期アップデートが正式リリースされる際、より広く利用可能になる予定だ。

 iOS 14.5の開発者向けベータ版には、上記のiPhoneロック解除機能のほか、プライバシー関連の変更も含まれている。この変更では、ユーザーによるデータ利用やアクティビティーをアプリが追跡する際、事前にユーザーの許可を求めることが必要になる。さらに、「Siri」のアップデートや、「PlayStation 5」と「Xbox Series X」のコントローラーのサポートなども追加されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]