アップル、表示領域を20%大型化した新「Apple Watch」発表--秋に発売

藤代格 (編集部)2021年09月15日 06時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月15日、「Apple Watch」の新モデル「Apple Watch Series 7」を発表した。本体サイズほぼそのままでディスプレイを大型化し、表示できる量を増やしている。2021年秋に発売する。

Apple Watch Series 7を発表するTim Cook氏
Apple Watch Series 7を発表するTim Cook氏
Apple Watch Series 7の概要
Apple Watch Series 7の概要

 現行モデル「Apple Watch Series 6」から筐体面積をほぼ変更せず、スクリーン領域を拡大。Series 6と比較すると約20%、「Apple Watch Series 3」からは50%以上広くなるという。外枠は1.7mmとなり、Series 6から40%細くなったとしている。

 新たな画面サイズにあわせ、ユーザーインターフェース全体も再設計している。ボタンの拡大などでタップしやすくなり、Series 6と比較してテキストを50%多く表示可能。少ないスクロールで見られるようになる。

Series 6(左)よりも多くの文字を表示できる
Series 6(左)よりも多くの文字を表示できる

 常時表示するRetinaディスプレイの明るさも向上。屋内で手首を下げている場合、70%以上明るく表示できるという。

 ディスプレイ前面のクリスタルを50%厚くしつつ、OLEDパネルへのタッチセンサーの統合など、さまざまな部品を集約。ディスプレイ全体としては薄くなるが、Series 6と比較した強度は2倍以上で、Apple Watch史上最も強い耐亀裂性能となるという。50メートルの耐水性能に加え、IP6X防塵規格にも対応する。

耐久性を強化している
耐久性を強化している

 一から再構築したという充電システムでは、新たに「高速充電USB-Cケーブル」を採用。新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルにより、約45分で0から80%まで充電でき、8分間充電すれば8時間の睡眠記録ができるという。

充電イメージ
充電イメージ

 カラーバリエーションは、アルミニウムはグリーン、ブルー、(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイトの5色を用意する。ステンレススチールはシルバー、グラファイト、ゴールドの3色で、そのほかチタニウムとスペースブラックチタニウムもラインアップする。また、「Nike Run Club」アプリを内蔵した「Apple Watch Nike」「Apple Watch Hermès」といったコラボモデルも引き続き提供する。

5色展開するアルミニウム
5色展開するアルミニウム
3色展開するステンレススチール
3色展開するステンレススチール
チタニウムとスペースブラックチタニウム
チタニウムとスペースブラックチタニウム

 発売されている既存のすべてのバンドが使えるが、「iOS 15」以降を搭載した「iPhone 6s」以降が必要。

 価格は399ドルからで、GPSモデルとGPS+Cellularモデルを用意する。日本での提供価格などは発表していない。

「Apple Watch Series SE」「Apple Watch Series 3」とともに展開していく
「Apple Watch Series SE」「Apple Watch Series 3」とともに展開していく

 また、Series 7と同時に発表した「watchOS 8」では、自転車に乗る人向けの新機能などを追加している。独特な動き、転倒の衝撃などを感知し、乗り始め、一時停止、再開などを検出できるという。電動自転車にも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]