マイクロソフト、「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日に終了

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月20日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがついに、「Internet Explorer」(IE)ブラウザーに終止符を打とうとしている。「Windows 10」の特定のバージョンで、「Internet Explorer 11」のデスクトップアプリは2022年6月15日でサポートを終了する。米国時間5月19日のWindowsブログで発表された。

IE、Edge 提供:Microsoft

 同社はブログで、「Windows 10でInternet Explorerの未来はMicrosoft Edgeに」と書いている。「Microsoft Edge」は2015年にリリースされた。「Microsoft EdgeはInternet Explorerよりも高速かつ安全で、最新のブラウジング体験を提供する。また、従来のウェブサイトやレガシーアプリケーションとの互換性という重要な懸念事項にも対応できる」(Microsoft)。

 また、Microsoft Edgeは「IEモード」を搭載しているため、従来のInternet ExplorerベースのウェブサイトやアプリケーションにもMicrosoft Edgeから直接アクセスできると説明されている。

 このニュースは意外ではない。Microsoftは2020年、2021年8月17日に「Microsoft 365」アプリスイートでInternet Explorer 11のサポートを終了することを明らかにしている。IEのサポートが終了するWindows 10のバージョンについてはMicrosoftのウェブサイトで確認できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]