logo

マイクロソフトの新ブラウザ、正式名称は「Edge」

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年04月30日 09時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは開発者会議「Build 2015」の初日である米国時間4月29日、「Spartan」の開発コードで知られる新ブラウザの正式名称が「Microsoft Edge」であることを発表した。

 「It's the browser built for getting things done(編集部注:さまざまなことを成し遂げるために作られたブラウザ、の意)」というのが、広告の新しい謳い文句だ。

 モバイル版「Windows 10」では、Edgeブラウザのみがサポートされる予定だ。デスクトップ版「Windows 10」を稼働するPCや大型タブレットには、後方互換性を維持するために「Internet Explorer(IE)」とEdgeの両方が提供される予定。Edgeには、音声パーソナルアシスタント「Cortana」が統合され、ユニバーサルアプリとして提供される。つまり、Storeでのダウンロードやアップデートが可能になるということだ。

 Edgeは元々は、Microsoftの新ブラウザの内部に搭載されたレンダリングエンジンの名称である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集