Twitter、広告非表示サービスのScroll買収--サブスクリプションサービス実現に向け

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月06日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間5月4日、広告非表示サービスを提供するScrollを買収すると発表した。検討中のサブスクリプションサービスに統合する狙いがある。Scrollは、記事から広告やポップアップなどを削除するサービスを提供している。パブリッシャーと提携し、パブリッシャーが収益を失わないようにしているとみられる。

Twitter
提供:Sarah Tew/CNET

 Twitterがニュースの作り手と読み手にとってのより良い未来を実現し、オンラインコンテンツを読む際の「最もイライラさせられる部分の1つ」を解決する上で、Scrollは有用だと同社は説明している。

 Twitterのプロダクト担当バイスプレジデントMike Park氏は、「当社が現在検討している今後のサブスクリプションサービスの一環としてScrollを含める計画だ」とし、「Twitterのサブスクリプション会員は、お気に入りのニュースサイトや、ライターによる『Revue』のニュースレターから記事を簡単に読めるプレミアム機能にアクセスできるようになる」可能性があるとしている。

 サブスクリプションサービスの開始時期は明らかにされていないが、Twitterは、ツイートを取り消す機能や、ダッシュボードアプリ「TweetDeck」、「Super Follow」などの有料提供を検討しているとみられている。Super Followは、月額料金を支払ってクリエイターやパブリッシャーをフォローし、限定コンテンツを閲覧できるようにする機能だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]