Twitter、音声チャット機能「スペース」を提供開始--ホストはフォロワー600人以上が対象

山川晶之 (編集部)2021年05月04日 06時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは5月4日、2020年12月より一部のグループでテストを開始していた音声チャット機能「Spaces(スペース)」の正式提供を開始した。

キャプション

 同機能は、「Twitter版Clubhouse」などと呼ばれていたもので、今回、Twitterのフォロワー数が600人以上の全アカウントを対象に、スペースのホスト(ルームを作成・管理できるユーザー)機能を提供する。ルームでは、ホストが招待・承認したスピーカーのみが発言可能で、それ以外のユーザーは、リスナーとして会話を聞くことができる。600人以上とした理由として同社では、「既存のオーディエンスがいるため、ライブの会話の開催に適していると考えられる」としている。

 iOS/Android版Twitterでは、フォローしているユーザーがスペースで発言を始めると、タイムラインの一番上に紫色のバブルが表示される。そこにリスナーとして参加すると、絵文字でのリアクションに加え、スピーカーによってピン留めされたツイートや、発言内容を目でも追えるキャプション(字幕)を確認することができる。発言リクエストをホスト側に出すことも可能だ。

キャプション
タイムラインの一番上に表示された紫色のバブルをタップするとスペースに参加できる

 スピーカーとして参加する場合は、任意のツイートをスペース上部に表示したり、キャプションのオンオフを設定可能。ライブ中のスペースをツイートすることで、フォロワーに参加を促すことができる。

キャプション
ピン留めされたツイート
キャプション
キャプション(字幕)機能

 安全管理機能として、ホストはスピーカーのマイクをミュートに設定したり、スペースからの退出が可能。ホストが全スピーカーを同時にミュートできる機能や、管理ページも追加されている。また、リスナー含め、スペース内のユーザーを報告したりブロックできる機能も搭載しており、ブロックした相手は、自分自身が作成したルームには参加できないほか、他のスペースに参加している最中にブロックしたユーザーが発言すると、ラベルや警告が表示される。

キャプション
ブロック機能も

スペースでマネタイズできる有料チケット制も導入へ

 同社では今後の新機能として、クリエイターのマネタイズを実現する有料チケット制の導入、スケジュールとリマインダーの設定、複数人で管理できる共同ホスト、ライブキャプション(字幕)を改善するアクセシビリティの向上を予定する。さらに、タイムライン上の紫色のバブルに囲まれたプロフィール写真から、相手が参加しているスペースに入ることができるアップデートも現在テスト中という。

キャプション
今後数週間のうちに予定されているスペースのスケジュールやリマインダーを設定できる新機能も
キャプション
スペースに参加しているユーザーは、タイムライン上のプロフィール写真に紫のバブルが追加されるように。プロフィール写真から、相手が参加するスペースに入ることもできるようになるという(現在テスト中)

 特に、チケット制スペースの導入については、有料のチケットを購入したユーザーだけが参加できるスペースを作成可能。ホストは、チケットの価格や販売数を設定でき、今後数カ月以内に、一部のグループでチケット制スペースを開催できるようになるという。チケット販売による収益の大部分はホストが得られる(一部Twitterにも分配)としている。

キャプション
スペースでマネタイズできる有料チケット制も

 同社では、スペースの機能について感想やフィードバックがあれば、@TwitterSpacesまで投稿してほしいと呼びかけている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]