Twitter、「ツイート取り消し」機能をサブスクリプション会員向けに提供予定か

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月22日 08時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterがサブスクリプションサービス用の機能に取り組んでいるとのうわさを、これまでに繰り返し報じてきた。そして、アプリ研究者のJane Manchun Wong氏が現地時間3月19日、「ツイートの取り消し」がその1つになる可能性を示す画像を投稿した。Wong氏のスクリーンショットに見られるのはこの機能のみだ。

 Wong氏は以前、サブスクリプション会員がどのようにツイートを取り消すことになる可能性があるかを示すGIFを投稿していた。また、同氏は米CNET宛てのメッセージで、ツイートの取り消しは、完全に送信されないよう止めるという点で、ツイートの削除とは異なると述べていた。ツイートを削除する機能は現在、すべてのユーザーが利用できる。

 Twitterは米CNET宛ての電子メールで、この機能をテストしていることを認めた。

 The Vergeが報じているように、取り消しボタンは、ツイートが送信されるまでに取り消し可能な時間を示す進捗バーを兼ねた形で表示されるようだ。

 Twitterは、月額サブスクリプション料金を支払ってクリエイターやパブリッシャーをフォローし、独占コンテンツやニュースレターを受け取ることのできる「Super Follows」などの機能も検討している。同社は3月に入り、投資家らに対して、サブスクリプションサービスの公開テストを目にする機会があるかもしれないとツイートしていた。

Twitter
提供:James Martin/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]