logo

米国スマホユーザー、63%が忘れ物防止タグの購入に「興味あり」--アップル参入で今後人気に?

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NPD Groupは、忘れ物防止タグや落とし物トラッカーなどと呼ばれるスマートタグについて、米国消費者の購入意向調査を実施し、その結果を発表した。それによると、スマートフォン所有者の63%が購入に興味を示していたという。

 スマートトラッカーは、キーホルダーに付けたり財布に入れたりして持ち歩ける、小さなデバイス。スマートフォンとBluetoothなどで通信しており、スマートフォンとの距離が離れると警告音を慣らし、置き忘れを未然に防ぐ。また、どこかに置いたトラッカーの場所を特定できるよう、スマートフォンからの指示で音を鳴らす機能を備えている。さらに、遠く離れたところに置き忘れた場合でも、別のスマートフォンとの通信データなどを利用して発見できる。

 スマートフォンのOS別で購入意向を調べたところ、iOS利用者は69%、Android利用者は57%が「ある程度興味がある」と答えた。

 この種のデバイスは、以前から「TILE」「TrackR」「MAMORIO」といったものが販売されていた。ただし、4月にサムスン電子が「SmartTag+」、Appleが「AirTag」を発売することとなり、大手メーカーの市場参入により注目度が高まっている。

 市場参入の効果か、2020年に金額ベースで前年比2%増、台数ベースで同7%増と控え目だった米国の販売状況は、2021年第1四半期に金額ベースで前年同期比70%増、台数ベースで同67%増と急成長した。NPDは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を終えて仕事や旅行などで出かける人が増えたことも、市場拡大の要因とみている。

 調査は2021年2月に米国で実施し、18歳以上のスマートフォン所有者5100人から回答を得た。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]