logo

「鍵を鳴らして」と話すだけ--落し物防止タグ「TILE」がGoogle Homeに対応

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年06月07日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Tileは6月7日、Googleアシスタントの日本語版に対応したと発表した。これにより、スマートスピーカ「Google Home」やAndroidスマートフォンに話しかけるだけで、落とし物トラッカー「TILE」を付けているアイテムを見つけられるようになる。なお、5月にはアマゾンの音声AI「Amazon Alexa」に対応していた。

落とし物トラッカー「TILE」
落とし物トラッカー「TILE」

 TILEは、鍵や財布などに取り付けて、落とし物や失くし物を見つけることができるスマートトラッカー。スマートフォンとBluetoothで接続することで、スマートフォンからTILEを鳴らしたり、TILEからスマートフォンを鳴らしたりできる。価格は2980円から。

 今回の対応で、「OK Google、タイルを使って鍵を鳴らして」と呼びかけるだけで、Bluetooth圏内であればTILEを鳴らせるようになった。Bluetooth圏外の場合は、「OK Google、タイルを使って鍵がどこにあるのかを教えて」と話しかけるだけで、最後に検知した場所を調べられる。

 また、専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンの場所に対し、たとえマナーモード設定された状況であっても音による通知が可能。Googleアシスタントに話しかけたり、入力したりすることで、Android搭載端末やiPhoneからもGoogle Homeと同じ機能が使えるようになる。

利用イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]