アップル、iPhoneで捜し物を見つける「AirTag」発表--3800円から、エルメスモデルも

坂本純子 (編集部)2021年04月21日 02時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは4月21日、スペシャルイベントを開催し、「AirTag」を4月30日に発売すると発表した。1つ3800円(税込)で、4個パック(1万2800円)もラインアップする。無料で刻印を追加できる。

「AirTag」
「AirTag」

 特別な刻印が入ったHermèsモデルもあり、「AirTag Hermèsキーリング」が4万1800円(税込)、「AirTag Hermès バッグチャーム」が3万5800円(税込)、「AirTag Hermèsラゲッジタグ」が5万3800円(税込)となっている。

Hermèsモデルも
Hermèsモデルも

 丸いタグで、キーホルダーアクセサリも用意される。家の鍵やバッグなどに取り付けておけば、見当たらないときにiPhoneの「探す」アプリから探せるようになるしくみだ。

 アプリから、AirTagの内蔵スピーカーに音を鳴らせるほか、「Hey Siri、お財布を探して」などと声をかければ、ソファの下や隣の部屋など近くにある場合、音が鳴る方を探すと見つけられる。

 iPhone 11シリーズ、iPhone 12シリーズであれば、AirTagが近くにある時は、iPhoneの「正確な場所を見つける」機能で、AirTagまでの距離と進む方向を表示できるとしている。

「正確な場所を見つける」機能は、iPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズが対応
「正確な場所を見つける」機能は、iPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズが対応

 もし、ビーチやジムなど、離れた場所に置き忘れてしまった場合は、世界中にある数億台のiPhone、iPad、Macデバイスの「探す」ネットワークが、ユーザーのAirTagを追跡する手伝いをするという。

AirTagは、ざまざまなものに取り付けられる
AirTagは、ざまざまなものに取り付けられる

 AirTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信。信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報をiCloudに送信する。ユーザーは探すアプリを開いてマップ上で確認できる。このプロセスは完全に匿名で行われ、情報は暗号化されるため、プライバシーは守られるという。バッテリー残量やデータ使用量を心配する必要もないとしている。

 このほか、AirTagをなくしたら紛失モードにすることで、ネットワーク上のデバイスがAirTagを検知すると、自動でユーザーに通知が届く機能も備える。見つけてくれた人がNFCに対応したスマートフォンをAirTagに軽く当てるだけで、ユーザーの連絡先情報を確認できるように設定することも可能としている。

ネットワーク上のデバイスがAirTagを検知すると、自動でユーザーに通知が届く機能も
ネットワーク上のデバイスがAirTagを検知すると、自動でユーザーに通知が届く機能も

 AirTagのアクセサリは、アップル純正の「AirTagループ」が3800円(税込)から用意されているほか、「Belkinストラップ付きセキュアホルダー」1580円(税込)などがラインアップする。

 アップルは4月、「探す」ネットワークを、Belkin、Chipolo、VanMoofなどのサードパーティー製のデバイスも検索できるように拡張したことを発表していた。

アクセサリも同時に発表
アクセサリも同時に発表

 Appleは同日、iPhone 12/iPhone 12 miniの新色パープル、新型の「iPad Pro」「iMac」「Apple TV 4K」も発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]