logo

マイクロソフト、「iPad」向けの「Office」アプリをリリース

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月17日 07時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月16日、「Office」アプリの「iPad」版をAppleの「App Store」で提供開始した。「Word」「Excel」「PowerPoint」が1つに統合された「Office」アプリは、2020年2月に「iOS」版と「Android」版がリリースされていた。

iPad Pro
提供:Sarah Tew/CNET

 今回リリースされたiPad版Officeアプリは、「iPhone」版、「Windows」版、「Android」版と同様、Word、Excel、PowerPointの最もよく使用される機能の一部と、いくつかの関連機能を提供することを目的としたもので、PDFの作成、スクリーンショットのPDFまたはPPTへの変換、PDFへのメモの挿入なども可能となっている。

 新しいiPad版のOfficeアプリはApp Storeから無料でダウンロードでき、利用には「iOS 13.0」以降が必要。また、基本的な機能以外の機能を使用するには、「Microsoft 365 Personal」(月額6.99ドルまたは「Microsoft 365 Family」(月額9.99ドル)のサブスクリプションに加入する必要がある。なお、App Storeの説明にある通り、サイズが10.1インチ以上のiPadでは、ドキュメントの作成・編集機能を利用するためにサブスクリプションが必要(画面サイズが10.1インチ未満の携帯端末では、サブスクリプションなしでドキュメントの作成と編集が可能となっている)。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]