「AirPods Max」を分解したiFixit、競合製品が「玩具に見える」

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年01月20日 10時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テクノロジー製品の分解レポートで知られるiFixitが、Appleの新しいオーバーイヤー型ヘッドホン「AirPods Max」を分解して内部を詳しく調べた。その上で、この複雑なエンジニアリングを目にすれば、549ドル(日本では税別6万1800円)という価格の高さも理解できるとした。また、同様に分解調査したソニーやBoseの競合製品に言及し、「内部については、AirPods Maxの取りつかれたような職人技に比べると、これらの非常に優秀な他のデバイスが玩具のように見える」と評した。

玩具のイメージ
提供:David Carnoy/CNET

 米CNETのレビューでは、AirPods Maxは大きくて高価だが、重さの割に驚くほど着け心地が良く、音も素晴らしいと説明している。iFixitの評価は、実際に音を聞いた上で出したものではない。iFixitがこのデバイスを分解した目的は、内部を見て、どれほど修理しやすいかを判断することだ。

 そうした観点で、AirPods Maxは10点満点中6点を獲得した。分解することは難しいが、いったん内部を開けてしまえば修理は可能だという。これに対し、イヤホン型の「AirPods」は同様の採点基準で10点満点中0点が続いている。ユーザーにとって修理はまだ簡単ではないとしても、この大型モデルが正しい方向へ一歩踏み出したのは間違いない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]