Twitter、認証バッジのプログラムを1月20日に再開へ--新ポリシーを公開

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年12月18日 11時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは2021年1月20日より、「認証済みアカウント」について、一般からのフィードバックを踏まえて改善された新しいポリシーを導入する。同社は、12月17日のブログで新ルールについて詳しく説明した。これは、同社が11月にコミュニティーからのフィードバック募集を開始した際、約束していた改定だ。

Twitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Twitterは、中断していた認証済みアカウントプログラムを再開する準備を進めているところだ。認証済みのTwitterアカウントには、アカウントの信頼性を保証する青いバッジが付く。以前は公人や著名人が対象だったが、今後は対象を拡大する。

 認証を希望するユーザーは、2021年からセルフサービス式の手続きを通じて申請できる。申請は、自動および人による審査を受ける。

 アクティブではない、または条件を満たさない認証済みアカウントからはバッジが削除される可能性がある。該当するユーザーにはTwitterから事前に警告メッセージが送られる。

 一般からのフィードバックに基づく新たなルールには、アカウント要件に関する制限の緩和(自己紹介を記載する必要がなくなるなど)も含まれる。また、フォロワー数の要件を、所在国ではなく地域におけるアクティブアカウントの上位0.1%以内とする。

 さらに、ユーザーがフォローしている相手を明確に把握できるように、自動的にツイートするボットアカウントと追悼アカウントに、それぞれバッジが付与される。

各バッジ
提供:Twitter

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]