電通、テレビ広告枠の運用に量子コンピューターを活用--エー・スター・クォンタムと提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は11月2日、量子コンピューターを活用したテレビ広告プランニングに向け、エー・スター・クォンタムと提携したと発表した。テレビ広告枠の最適化と運用の高速化により、新たなマーケティングソリューションの開発・実装を目指すという。加えて、電通グループはエー・スター・クォンタムと資本提携した。

 エー・スター・クォンタムは2018年の創業以来、特に物流分野・広告分野における組み合わせ最適化問題を解くための研究開発をしている。方式の異なる2つの量子コンピューターで起動するソフトウェアを開発することで、顧客企業の目的に沿った開発・実装を目指しているという。

 一方、電通ではテレビ広告価値向上に向けた取り組みとして、多様なマーケティングデータによって広告主の購入した広告枠を最適運用する仕組みを開発してきた。しかし、従来の計算プログラムでは、数週間から数カ月にわたるキャンペーン広告枠の無数の組み合わせパターンの中から最適な組み合わせを探索するため、膨大な計算時間が課題となっていたという。

 今回の提携では、エー・スター・クォンタムと共同で、量子コンピューターを使ったテレビ広告枠の組み合わせ最適解を導き出すソフトウェアを開発する。複数キャンペーンの広告枠の膨大な組み合わせパターンの中から、より効率的なパターンを高速で導き出すことで、工数を大幅に圧縮。日ごと変化するマーケティング指標やターゲット予測視聴率に合わせ、効率的な広告枠運用を目指す。

 今後は、エー・スター・クォンタムとの提携により、テレビ広告枠運用にとどまらず、広告主のさまざまな課題解決に向けた新たなマーケティングソリューションの開発を進めていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]