logo

サイバーエージェント、企業やブランドごとに最適なAIモデルを生成する「極予測AI人間」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月28日、AIを活用し広告クリエイティブを制作する「極予測AI」の効果予測技術と、CyberHuman ProductionsのデジタルヒューマンCG制作技術を用いて、企業やブランド毎のターゲティングに適した人物モデルを生成する「極予測AI人間」を11月より提供開始すると発表した。

キャプション

 同社によると、「極予測AI人間」では、企業ブランディングに適したモデルの制作キャスティングおよび、多種多様な髪型・ポーズ・ファッション・シチュエーションの表現や、コロナ禍で起用が難しい外国籍のモデルの生成が可能だという。これにより、撮影や表現の制約、契約条件にとらわれることなく、広告クリエイティブが制作できるようになる。

 さらに、企業やブランド毎に配信メディアの特性やターゲット属性なども考慮し、AIモデルの服装や髪型などを作り分け、広告クリエイティブを制作し配信する。

 これにより、細かなターゲット設計が必要な人材・通販・金融・マッチング業界などをはじめ、多くの業種において、広告クリエイティブによる広告効果向上の貢献が期待できるという。


GANで架空のAIモデルを大量生成

 また、GAN(敵対的生成ネットワーク)による架空のAIモデルの大量生成と「極予測AI」の効果予測を何度も繰り返すことで、企業やブランド毎のターゲティングに適した「オリジナルのAIモデル」を生成し、さらにはAIで「広告効果の出せるAIモデル」へと育成できるという。

 GANによるAIモデルの生成技術および、「極予測AI」の効果予測ロジックについては、同社のAI研究開発組織「AI Lab」と共に開発している。

 同社では、3Dスキャン技術やデジタルヒューマンのCG制作を強みとするCyberHuman Productionsなどと連携し、「バーチャル撮影システム」や「LED STUDIO」を活用した撮影を行なうことで、より多くの素材データを作成。多種多様かつ、高品質な広告クリエイティブ制作が可能だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]