logo

米国スマホ販売、8月は13.5%が5Gモデル、価格は下落傾向--5G対応iPhone登場で急増へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Counterpoint Technology Market Researchは、米国のスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、8月に販売されたスマートフォンのうち、13.5%が5G対応モデルだったという。

高まる5Gスマホの販売率(出典:Counterpoint)
高まる5Gスマホの販売率(出典:Counterpoint)

 5G対応スマートフォンの平均販売価格(ASP)は下落傾向にあり、2020年第1四半期に948ドル(約10万円)だったものが、7月には730ドル(約7万7000円)まで下がった。そのため、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックで製品供給と需要が低迷したにもかかわらず、5Gスマートフォンに対する関心は高まっているそうだ。

ASPは下落傾向(出典:Counterpoint)
ASPは下落傾向(出典:Counterpoint)

 さらに、Appleがまもなく「iPhone 12」などと呼ばれている5Gスマートフォンを発表するとみられ、その影響で第4四半期には5Gスマートフォンの販売が急増すると予想した。そして、2020年通年の5Gスマートフォン販売率が約20%になると見込む。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]