logo

世界スマホ市場、2020年の出荷は9.5%減--今後は5Gの強いけん引で2022年に復調へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは、世界スマートフォン市場に関する見通しを発表した。それによると、2020年の出荷台数は12億台で、前年に比べ9.5%少なくなるという。

出荷台数とASPの予測(出典:IDC)
出荷台数とASPの予測(出典:IDC)

 減少の主な要因は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響。2020年第2四半期の出荷台数は予想をわずかに上回ったものの、前年同期比17%減と、経済に対する不安が影を落としている。

 COVID-19パンデミックの問題は残り、消費者の需要も落ち込んだままだが、スマートフォンメーカーはやはり5Gを前面に押し出していく。先進諸国では5G端末の販売が強化されて4G端末の選択肢が減り、5G端末の販売を後押しする。

 経済見通しの暗いさが5G端末の平均販売価格(ASP)を押し下げることも、販売増加に貢献する見通しだ。2023年にはASPが495ドルにまで下がり、価格が大きな問題にならなくなる。こうして、2023年に5G端末が出荷台数全体の半分を占めると予想する。

 全体としては、COVID-19の影響で落ち込んだスマートフォンの出荷が2022年に元のレベルへ復調し、5年間の年平均成長率(CAGR)は1.7%になるとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]