ソニー、ミッドレンジSIMフリースマホ「Xperia 8 Lite」発売へ--21:9ディスプレイ搭載

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月26日、ミッドレンジスマートフォン「Xperia 8 Lite」を、MVNO事業者を中心に9月1日以降に発売すると発表した。IIJmio(税別2万6800円)、mineo(税別3万2800円)、nuroモバイル(税別2万9800円)で取り扱い予定で、各社キャッシュバックキャンペーンなどを展開する。

キャプション
「Xperia 8 Lite」

 Xperia 8 Liteは、本体幅約69mmの手のひらに収まる持ちやすいサイズに、アスペクト比21:9、約6.0インチのフルHD+ディスプレイを搭載。独自のUIを実装した21:9マルチウィンドウに対応し、動画を見ながらSNSの閲覧やメッセージのやり取りなど、2つのアプリを同時に操作する快適な「ながら操作」が可能。

 SoCは、Qualcomm Snapdragon 630。RAMは4GB、ストレージは64GB。デュアルSIMには対応しないものの、おサイフケータイやNFC、指紋認証、3.5mmイヤホンジャックが利用できる。メインカメラは、約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラを搭載。光学2倍ズームが利用できるほか、背景ボケも再現。4K動画やスローモーション撮影にも対応する。

 サイズは約幅69×高さ158×厚さ8.1mm、重量は170g、バッテリー容量は2870mAh。フロントパネルとバックパネルには、「Corning Gorilla Glass 6」を採用し、防水(IPX5/8)と防塵(IP6X)性能を有する。また、対応バンドは、LTEで1、3、4、5、8、12、17、18、19、26、38、41。3Gで1、4、5、6、8、19。GSMが850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHzになる。

 このほか、基本性能はKDDIやソフトバンク、UQ mobileで展開している「Xperia 8」と同等。ただし、カラーリングがブラックとホワイトのみとなっているほか、圧縮音源などからハイレゾを再現する「DSEE HX」が搭載されていない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]