logo

リモートワークでも気軽に会話--NTT Com、オンラインワークスペース「NeWork」を提供

佐藤和也 (編集部)2020年08月13日 14時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、リモートワークにおけるコミュニケーションを活性化するオンラインワークスペース「NeWork」(ニュワーク)の提供を、8月31日から開始する。それに先立ち、事前登録の受付を行っている。

 NeWorkは、従来のウェブ会議では難しかった、立ち話感覚でのちょっとした相談や雑談(casual collision)などを活性化できるようにデザインされたコミュニケーションツール。NeWorkにログインしておくことで、同じオフィスにいるかのように、チームやプロジェクトのメンバーに話しかけることができるというもの。

「NeWork」画面イメージ
「NeWork」画面イメージ

 PCのウェブブラウザからNeWorkにログインし、自分の居場所にあたる「ワークスペース」に入る。ワークスペース内にはプロジェクトや話題ごとに「バブル」を作ることができ、このバブルが仮想的な部屋(会話スペース)として機能する。バブルに参加しているときは、常に接続された状態となるため、発言するだけですぐにバブル内のメンバーと会話することができるという。

 なお、バブルにいないメンバーも、話せる状態かどうかがアイコンで分かるため、気兼ねなく1クリックで話しかけることができる。メンバーとの会話では、ビデオ通話のほか、資料の画面共有を行うこともできるため、本格的な会議に使うことも可能となっている。

 モードはオープン/ワーク/ゾーンの3種類から選択可能。作業に集中したいときは、会話できないモード(ゾーン)に切り替えることもできる。また、モードを変更し忘れることがないように、スピーカーとマイクのオン/オフ(ミュート)と連動し、自動でモードを変更する。

 このほか、NTT ComのAI議事録作成支援サービス「COTOHAR Meeting Assist」と併用することで、会話の内容を自動でテキスト化したり、翻訳したりすることも可能としている。

 なお、日本国内のメディアサーバーを利用しているため、通話データが海外のサーバーを経由することはないとし、第三者が勝手に参加したり、会話を聞いたりできないような対策も行っているという。サービスの開発にあたっては、NTT Comだけでなく、NTTセキュアプラットフォーム研究所、NTTセキュリティおよびWhiteHat Securityなど、NTTグループの技術を用い、セキュリティ対策を最優先で実施。堅牢なシステム上で提供するとしている。

 利用料は無料で、今後有料版の提供も予定。無料版、有料版ともに、提供内容については、利用状況や利用者の声などを踏まえて随時検討、見直しを行っていくという。提供開始時点では最大50人が参加可能。より大きなチーム内でも利用できるよう、人数の拡張を検討するとともに、機能の追加やサービスの改善もあわせて行っていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]