logo

「iPhone SE」と「Pixel 4a」のカメラを比較--低価格でも侮れない性能を実感 - (page 2)

Lexy Savvides (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年08月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのほかの興味深いカメラ機能

  • Pixel 4aでは、デフォルトのカメラアプリでRAW画像を撮影できる。「設定」>「詳細設定」>「Raw+JPEGの管理」の順に進むだけでいい。iPhone SEでもRAW画像の撮影は可能だが、「Halide」や「Snapseed」などのサードパーティーアプリが必要になる。
  • iPhone SEとPixel 4aはどちらもタイムラプス、パノラマ、およびスローモーション動画の撮影機能を備える。
  • Pixel 4aには、写真を撮るときにスマートフォンを水平に保つことができるよう、デジタル水準器が搭載されている。
  • Pixel 4aでは、カメラ画面の上部にある矢印をタップして、前面カメラの顔レタッチ(美肌モード)のレベルを調整できる。iPhone SEには、顔レタッチ機能はない。
  • Pixel 4aは超解像ズームを備えるので、デジタルズームで撮影した写真がiPhone SEの写真よりも少しシャープかつ精細に見える。このページの動画にいくつかのサンプルを載せているので、確認してほしい。

どちらも単一のカメラで十分な画質のポートレートを撮影できることを証明

 iPhone 11やPixel 4といったより高価なスマートフォンでは、ポートレートモードで、デジタル一眼レフカメラに近い見た目の写真を撮影できる。だが、iPhone SEとPixel 4aは、手頃な価格のスマートフォンでも、それなりの見た目のポートレートを撮影できることを証明している。

 Pixel 4aでポートレートモードを有効にすると、視界が被写体に近づいたように自動的に移り変わる。iPhone SEのポートレートモードは通常の写真と同じ視点で撮影されるため、Pixel 4aよりも被写体と少し離れているように見える。2つを並べて比較すると、iPhone SEでPixel 4aと同じような写真を撮影するために被写体に近づいた場合、iPhone SEのレンズの視野が広くなり、顔のパーツがやや歪められたように見えることに気づいた。

 エッジ検出はどちらのスマートフォンでもうまく機能するので、背景がひどく雑然としていない限り、ボケは自然に見える。だが、上の写真を見ると分かるように、背景が雑然としていると、ボケの処理に苦労するようだ。iPhone SEは髪のような細かいディテールを見落として、誤ってぼかしてしまうこともある。Pixel 4aもエッジの正確な検出に失敗して、被写体の輪郭の線が粗くなっていることがあった。しかし、どちらかを選ばなければならないとしたら、筆者はPixel 4aを選ぶ。被写体と背景の境界がより滑らかだからだ。ポートレートモードでは、ホワイトバランスに関しても、Pixel 4aの方がiPhone SEより実物に近い。

 さらに、Pixel 4aはポートレートモードであらゆるもの(ペットや花、食べ物)の写真を撮影できるが、iPhone SEは人間のポートレート写真しか撮れない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]