logo

SoVeC、VRでバーチャル「そのまま展示会」提供開始--アバターで連絡先交換も

加納恵 (編集部)2020年07月21日 14時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SoVeC(ソベック)は7月21日、オンラインによるバーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」のサービスを提供開始すると発表した。VRを使い展示会を忠実に再現する。

バーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」
バーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」

 そのまま展示会は、オンライン上でxR技術を使い、高品質なバーチャル展示会の場を、低コストで再現できるというもの。オンラインの会場内に3DCGで実際のモニターやパネルなどを忠実に再現したブースを設置し、アバター同士で商談や連絡先交換などが可能。実物そっくりに“そのまま”の展示会のリアリティを徹底追求することにより、出展社も来場者も従来のリアルな展示会と同様の体験ができるとしている。

 不動産VRなどを手掛けるラストマイルワークスのクラウド型VR空間共有プラットフォーム技術を採用。Zoomをはじめとしたコミュニケーションツールとの連携や、チラシ・パンフレットや、ウェブサイト、説明動画、3Dデータなどの埋め込みも可能だ。

 Windows、Mac、Oculus Riftに対応し、今後そのほかのVR機器やiOS、Androidにも対応する予定。専用PCアプリケーション「comony」を使い、ウェブブラウザから利用できる。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]