logo
新型コロナウイルス関連

アップル、2020年内のオフィス再開を断念か

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年07月14日 13時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国における新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、Appleが2020年内のオフィス再開を断念し、店舗の再休業により小売店の従業員にもリモートワークを求めているという。Bloombergが米国時間7月13日に報じた。

アップルロゴマーク
Appleが2020年内に通常の営業体制に戻ることはなさそうだ
提供:SOPA Images/Getty Images

 本件についてAppleにコメントを求めたが、現在のところ回答はない。

 Appleは6月、開発者向け年次イベントWorldwide Developers Conferenceをオンラインで開催した。3月には中華圏以外の全直営店を休業し、中国に加えて韓国とイタリアへの従業員の渡航を制限。続いて直営店の休業を無期限とすることも明らかにした。5月にはいくつかの店舗を再開したものの、6月には感染者数の増加をうけて一部店舗の再休業を決定した。Apple製品の購入は依然オンライン上で可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]