logo
新型コロナウイルス関連

アップル、直営店の休業を無期限に--新型コロナウイルス対策で

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月18日 09時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会全体が新型コロナウイルスの感染拡大防止に追われる中、Appleが中華圏以外の全直営店の休業期間を延長する見込みだ。同社はこれまで、中華圏以外の直営店を3月27日まで休業するとしていたが、17日にこの計画を変更し、「追ってお知らせするまで」休業とした。オンラインストアは引き続き利用できる。

Apple Store店内の様子
Apple Store店内の様子
提供:James Martin/CNET

 Appleは16日、実店舗休業中の返品や修理方法に関する情報を公開していた。その中で同社は、製品が故障した場合にはオンラインで修理を申し込むか、Appleサポートに連絡することができるとしていた。また返品については、購入から14日という返品期限が実店舗の休業期間と重なる場合でも、一部の製品の返品を受け付けるとしていた。

 同社は13日、従業員の在宅勤務を奨励し、新型コロナウイルスの影響緩和のために1500万ドル(約16億円)を寄付することを明らかにした。また、従業員が支援した寄付金について同額をAppleが上乗せして寄付することも併せて発表した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は13日、「われわれの職場とコミュニティーで、COVID-19の感染拡大を防ぐためにできる限りのことをする必要がある」とツイートしていた。またAppleのNewsroomに掲載された声明の中で、時給ベースで働く従業員には店舗閉鎖中も報酬が支払われるとCook氏は述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]