「iOS 14」ベータ版を試す--ウィジェット、App Clip、背面タップなど - (page 4)

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年07月01日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背面タップでショートカットを呼び出す

 多くのアクセシビリティ機能があるものの、筆者が特に気になるのは「Back Tap」(背面タップ)機能だ。これは、iPhoneの背面を2回または3回タップすることで、特定の動作やショートカットを起動できるというもの。例えば筆者の場合、2回タップしてコントロールパネルを呼び出し、さらに2回タップしてコントロールパネルを消すことができる。

 スクリーンショットの撮影や拡大鏡の呼び出しなど、20以上の動作やショートカットから、背面タップで起動させるものを選ぶことができる。

音声認識で警報や鳴き声を検知して通知

 もう1つの魅力的なアクセシビリティ機能は「Sound Recognition」(音声認識)機能。これは火災警報器や動物の鳴き声など、特定の音を検知すると画面に通知してくれるというものだ。通知の条件となる音は選択できる。

音声認識機能
提供:Patrick Holland/CNET

メッセージではミー文字が多様化、グループスレッドでメンションも可能に

 メッセージアプリも強化された。グループスレッドで特定の人をメンションして、その人だけに通知することが可能になる。メッセージのリストの上部に会話を固定することもできる。

 ミー文字はさらに多様なカスタマイズが可能になり、新しい髪形や帽子が追加されたほか、マスクも追加できるようになった。

マスクを追加したミー文字
ミー文字にマスクを追加できるようになった
提供:Patrick Holland/CNET

着信やSiriは小型化

 これまで画面全体に表示されていた電話の着信画面が、上部のバナー表示に変わる。タップして応答するか、スワイプして消すことができる。

 Siriもこれまでは画面全体を占めていたが、下部に球形のアイコンとして表示されるようになる。

パブリックベータももうすぐ

 iOS 14のパブリックベータ版は7月にリリースされる見込みだ。iOS 14はiOS 13が対応するiPhoneのモデル、つまりiPhone 6S以降に対応する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]