logo
新型コロナウイルス関連

アップル、新型コロナ対策の「フェイスシールド」の作り方を公開中

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、独自開発した医療用フェイスシールドの詳細な製造方法を公開中だ。MITオープンソースライセンスを適用した。

医療用フェイスシールドの製造方法を公開(出典:Apple)
医療用フェイスシールドの製造方法を公開(出典:Apple)

 公開されている情報は、フェイスシールドを構成する部品(シールド、前額用バンド、ストラップ)の推奨材質、各部品の型紙と成形方法、検査方法、組み立て方法など。たとえば、シールドとバンドの材質は透明なPETまたはPETGで厚さは0.50mm、ストラップの材質はアレルギー防止のためラテックスを含まないシリコン、といった指示がある。

Appleの医療用フェイスシールド(出典:Apple)
Appleの医療用フェイスシールド(出典:Apple)

 シールドなどに代替素材を使う場合は、曲げても割れないものを選ぶ。ポリカーボネート(PC)は割れやすいので使用禁止とした。Appleは、装着方法やエタノールなどによるメンテナンス方法についての情報も公開している。

 Appleが公開した情報は専門家向けで、専門知識のある人が工場など設備の整った環境で製造することを想定したもの。Appleは、それ以外の人に製造を推奨していない。

 なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応で必要な医療機器は、AppleのほかNikeLEGO Groupなど、さまざまな医療分野以外の企業も提供している。

Nikeの医療用フェイスシールド(出典:Nike)
Nikeの医療用フェイスシールド(出典:Nike)
LEGOの医療用バイザー(出典:LEGO Group公式Twitterアカウント)
LEGOの医療用バイザー(出典:LEGO Group公式Twitterアカウント)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]