logo
Kickstarter

ハッセルでチェキが撮れるぞ--Hasselblad用の「Fujifilm Instax Mini」フィルムバック

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古いカメラやレンズで記録できる画像には、独特の味があって魅力的だ。ただし、銀塩フィルムを装填し、撮影後に現像、焼き付けするとなると手間がかかってしまう。そのため、「Instant Magny 35」や「NONS SL42」のように、富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」用フィルムを使うアイデアが登場してきた。

 今回は、中判カメラ「Hasselblad(ハッセルブラッド)」に装着可能なチェキ対応フィルムバック「Hasselback Portrait」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

Hasselblad用のFujifilm Instax Miniフィルムバック(出典:Kickstarter)
Hasselblad用のFujifilm Instax Miniフィルムバック(出典:Kickstarter)

 Hasselback Portraitは、「Hasselblad V-System」シリーズのカメラと組み合わせて使う、チェキ用フィルム「Fujifilm Instax Mini」に対応したフィルムバック。フォーカシングスクリーンを上からのぞき込むHasselbladの撮影スタイルで、インスタント写真を撮ることができる。

インスタント写真が撮れる(出典:Kickstarter)
インスタント写真が撮れる(出典:Kickstarter)

 Hasselbladに合わせたデザインを採用しており、純正フィルムバックを装着しているかのような見た目になるという。

Hasselbladでチェキ(出典:Kickstarter)
Hasselbladでチェキ(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月31日まで。記事執筆時点(日本時間3月5日16時30分)でキャンペーン期間は26日残っているが、すでに目標金額15万香港ドル(約207万円)の6倍を上回る約91万香港ドル(約1256万円)の資金を集めている。

Hasselback Portraitの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]