logo
Kickstarter

M42レンズが使えるインスタントカメラ「NONS SL42」--チェキ用フィルムで

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近のデジタルカメラは撮像素子の画素数が増え、その性能を引き出すためにシャープでクリアな像を結ぶレンズが好まれるようだ。しかし、銀塩カメラ時代の古いレンズは、個性的な収差やボケ味などがあり、別の魅力を持っている。

 そこで、M42マウントのレンズが取り付けられて、インスタント写真の撮影が可能な一眼レフカメラ「NONS SL42」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

M42マウントのレンズが使える一眼レフカメラ(出典:Kickstarter)
M42マウントのレンズが使える一眼レフカメラ(出典:Kickstarter)

 M42とは、1938年に登場したカールツァイス製カメラで登場したレンズマウントの形式。さまざまなメーカーのカメラに採用され、対応レンズが多数存在する。SL42は、このM42マウントのレンズが装着可能な一眼レフカメラだ。M42マウントに変換するアダプターを使えば、中判カメラ用レンズも使用可能。

多数のM42マウントレンズが使用可能(出典:Kickstarter)
多数のM42マウントレンズが使用可能(出典:Kickstarter)
M42マウントレンズを装着(出典:Kickstarter)
M42マウントレンズを装着(出典:Kickstarter)
中判カメラ用レンズも(出典:Kickstarter)
中判カメラ用レンズも(出典:Kickstarter)

 フィルムは、富士フイルムのインスタントカメラ用フィルム「Fujifilm Instax Mini」を使う。135フィルム(35mm判)用に設計されたM42マウントレンズはイメージサークルが小さいので、SL42で撮影した写真は、周辺がぼんやりと欠けた独特の画像になる。

撮影するとプリントを排出(出典:Kickstarter)
撮影するとフィルムを排出(出典:Kickstarter)
画像が現れる(出典:Kickstarter)
画像が現れる(出典:Kickstarter)
周辺がぼんやりと欠けた独特の画像(出典:Kickstarter)
周辺がぼんやりと欠けた独特の画像(出典:Kickstarter)

 ピント調整は当然マニュアルフォーカス。シャッター速度は500分の1秒から1秒とバルブで、絞り調整はできるが、露出計は搭載していない。多重露光、ケーブルレリーズの使用が可能で、ホットシューを備える。電源は単3形電池2本。サイズは158×65×116mm、重さは462g。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月12日まで。目標金額の20万香港ドル(約283万円)に対し、記事執筆時点(日本時間2月18日14時30分)で約7万9000香港ドル(約112万円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと23日ある。

NONS SL42の紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]