logo

「Pixel」シリーズに新機能--撮影済み写真のポートレート化など

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月10日 11時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのスマートフォン「Pixel」シリーズにアップデートが提供開始された。修正や改良を含む毎月のアップデートとは別の、「feature drop」と呼ばれる大掛かりなアップデートだ。今回の第1弾には、ポートレート写真を作成するための新しい方法や、ロボコール(自動ダイヤルや自動音声メッセージを使った電話)対策として、かかってきた電話を自動選別する機能が含まれるという。Googleが米国時間12月9日付けのブログ記事で明らかにした。

Pixel 4
Pixel 4
提供:Sarah Tew/CNET

 「Googleフォト」には、既に撮影した写真をポートレートモードに変換する新機能「Portrait Blur」が追加された。

 米国ではPixel 4の着信画面が更新され、「Googleアシスタント」が不明な発信者を自動的に選別し、着信音が鳴る前にロボコールの疑いがある着信を除外する。ロボコールでなかった場合は、数秒後に着信音が鳴り、発信者と要件が表示される。さらに、Pixel 4ではオンデバイスコンピューティングが改良されており、「Googleマップ」がより迅速かつ高精度に動作するという。

Portrait Blur
Portrait Blur
提供:Google

 ビデオ通話サービス「Duo」に対する新しいアップデートでは、Pixel 4で通話中にユーザーが動き回ってもユーザーの顔が中央にくるように調整し続けるオートフレーミング機能や、電波が悪い時に会話がスムーズに進行するように通話中の音声を予測する機械学習ツールなどの機能が追加される。またPixel 2、3、4でDuoの通話中に背景をぼかすポートレートフィルターが適用できるようになる。

 Pixel 2、3、3aでは「Recorder」アプリが使用可能になり、Pixel 3とPixel 3aには「Live Caption(自動字幕起こし)」機能も追加された。

 これらの新機能を利用するには、「Android」を最新版に更新して、「Google Play」ストアでアップデートされたアプリをダウンロードする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]